アフィリエイト雑記

【簡単】シリウスのサイトマップ作成方法とサーチコンソール送信方法!

ここでは、シリウスのサイトマップ作成方法と、その作ったサイトマップをグーグルのサーチコンソールに送信するところまでを解説します。

前者のシリウスのサイトマップ作成は超簡単、設定だけで一瞬で終わります。

後者のGoogleのサーチコンソールに送信は少し面倒くさいので詳しめに解説します。

トシ
トシ
どうも、シリウス一筋8年のトシです。このブログはワードプレスで作っています。

シリウスのサイトマップ作成方法

シリウスのサイトマップ作成方法ですが、

「サイトオプション」から

RSS/サイトマップの生成を「両方とも生成する」に、

サイトマップページの生成を「生成する」にしてOKします。

その後、シリウスのサイト生成をするだけでサイトマップの作成をすることができます。

生成したけどサイトマップができてないんだけど!という方は、この二つの設定をまずは確認してください。

こんな感じで2つのサイトマップが作成できます

あとはサーバーにアップするだけですね^^

ところでこの2つの「サイトマップ」、なぜ2つもあるの?違いって何なの?と気になった方は次も読んでくださいね↓

 

sitemap.htmlとsitemaps.xmlの違いは?

  • sitemap.html…人間用ページファイル
  • sitemaps.xml…グーグルロボット用ファイル

と覚えておけばOKです。

sitemap.htmlは人間用ページファイル

シリウスの設定、サイトマップページの生成を「生成する」にすると、sitemap.html」というファイルができます。

sitemap.htmlはサイトマップページという「個別ページ」で、人間が見るもの。

このサイトには何が書いてあるのか、サイト全体の構成が確認できて、このサイトマップから、個別ページにアクセスもできます。本でいうと、目次のようなものです。

また、サイト内の全ページの最下部に「サイトマップ」というリンクが置かれて、そこからこのサイトマップページにアクセスができます。

sitemaps.xmlはグーグルロボット用ファイル

シリウスの設定、RSS/サイトマップの生成を「両方とも生成する」にすると、「sitemaps.xmlというファイルができます。

開くと中身はこんな感じです。

sitemaps.xmlはグーグルに知らせるサイトマップ。

「うちのサイトにはこのURLにこんなページがありますよ」とグーグルに知らせる地図のようなファイルのことで、サイト内に新しく投稿したページ、編集したページをグーグルに伝えることができるため、サイトのインデックス促進効果が上がります。

サイトマップとは、サイトのウェブページのリストを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。

参考:サイトマップについて – Search Console ヘルプ

グーグルが公式にサイトのクロールに役立つよと言っているものなので、送信しておくと多少なりともSEO効果が望めます。

私などは稼ぐサイトはページ数が少ないものが多いのでほとんどやりませんが、ページ数が多いサイトほど、サイトマップを作成する効果が高いんじゃないかと考えています。

 

サイトマップの送信方法

では、sitemaps.xmlの送信方法を解説します。

次の手順でサイトマップの送信をします。

  1. サーチコンソールにサイトを登録
  2. サイトマップの送信

ちなみに、グーグルへのサイトマップ送信は一度やるだけでOKです。あとからページが増えていっても、このサイトマップを一度送信しておけば、あとはグーグルが勝手に更新をしていきます。

サーチコンソールにサイトを登録

Google サーチコンソール

グーグルに、サイトマップを送信するには、まずは、サーチコンソールに自分のサイトを登録して、サーチコンソールから送信をしないといけません。

「今すぐ開始」から登録してください。持っているグーグルアカウントで登録してもいいし、新しくグーグルアカウントを取ってもOKです。

サーチコンソールにログインしたら、プロパティ(=サイトの意味)を追加。

※画像はすでに1サイト登録されている図になっています。

プロパティタイプの選択は、右の方が簡単でやりやすいのでこちら推奨です。

サイトのURLを入力して、続行。

グーグルが指定するファイルをダウンロードしたら、

このファイルをFTPソフトを使ってサイトのルート(index.htmlがある場所)にアップします。

私の場合はFileZillaというFTPソフトを使ってます。

アップができたら、そのまま確認ボタンをおします。

これで、サイト所有者の確認ができました。

FTPソフトからのアップが面倒もしくはできない人は、「その他の確認方法」もシリウスなら簡単にできます。

HTMLタグを押して、でてきたタグをコピーしたら、

全体設定の右下に貼り付けて、生成⇒UPします。

サイトマップを送信する

続いて、左のメニューの「サイトマップ」をクリックして、「新しいサイトマップの追加」という欄に「sitemaps.xml」と入力、送信ボタンです。

無事にサイトマップ送信に成功すると、ステータス欄に「成功しました」と出ます。これでサイトマップ送信は完了です。

あとは、グーグルが勝手にここからの情報を更新していってくれるので、サイトに記事を書いていくだけですね!

 

まとめ

まとめると、

  • シリウスのサイトマップ作成はサイトオプションから2箇所設定する
  • sitemap.htmlは人間用ページファイル
  • sitemaps.xmlはグーグルロボット用ファイル
  • サイトマップをサチコから送信すると多少のSEO効果が期待できる

シリウスの設定をするといっても、サイトオプションはデフォルトで「生成する」になっているはずです。

本来なら手動で作らなければいけない、サイトマップファイル。もしこの2種類の存在を知らない人が使っても、シリウスは自動で作ってしまいます。

アフィリエイターの作業をめちゃくちゃ楽にしてくれるステキなツールですね。こういったところにもシリウスの便利さが垣間見えると思います。

トシ
トシ
シリウス万歳!

シリウスを使い倒して、どんどん時短していきましょう。

シリウスのサイトマップ表示については、関連記事もどうぞ

シリウスのサイトマップ表示をさせない方法※フッター変更もできるよここでは、シリウスのサイトマップ表示を非表示にする方法を書いています。 運営するサイトによっては、シリウスのサイトマップという表示...

 

シリウス歴8年以上のアフィリエイターの、色々な小技もよかったらどうぞ。

【最終手段】シリウス全サイトのバックアップがない時の復元方法!ここでは、シリウスの全サイトのバックアップファイルがない時の復元方法を書いてます。 パソコンがある日突然クラッシュ! パ...
シリウス アフィリエイトホームページ作成の本が売ってないのはなぜ?アフィリエイトサイト、ホームページ作成で有名なソフト「シリウス」。 シリウスの解説本や書籍は、本屋さんおろかAmazonですら見た...
【簡単】シリウスでサイト名(タイトル)を非表示にするにはこれだけ!シリウスでサイト名(タイトル)を非表示にしたいと思ったことないですか? 特にHTMLを変更することも、CSSをいじることもなく「設...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です