備忘録

シリウスのサイトURLのwww統一とSSL化の統一はどれを選ぶ?

サイトのURLってwwwがあったりなかったりラジバンダリで、どっちに設定したらいいかわからんとですよね?

私も昔どこかのシリウス解説サイトで「www統一しない」でいいよ!なんて情報を見てしまったもので、古いサイトは全部「www統一しない」で作っていて、これが間違いだったと気付いたのはそこから数年後です

しかも最近は、SSL化なんてのも出てきて、もう意味わからんくなってますね?

例えば、

hagehage.com

ドメインを取ったとしたら

  • http://hagehage.com/
  • http://www.hagehage.com/
  • https://hagehage.com/
  • https://www.hagehage.com/

と、1つのドメインにURLが4種類存在していて、4つのサイト運営となってしまう可能性があるという複雑怪奇。。。

こんな、モウ、カンベンシテクダサイ…

状態をここですっきりさせたいと思います。

ここでは、「ドメインの正規化」と呼ばれる設定を解説。

シリウスのサイトURLのwww統一設定、常時SSL化の統一設定と、SSL化リダイレクトの記述を駆使して、なんとか1つのURLで運営したい!という話をまとめました。

 

シリウスのサイトURLのwww統一はどれを選ぶ?

まずは、シリウスのサイトURLのwww統一は

「統一しない」、「wwwありで統一」、「wwwなしで統一」の3パターンですが、

新規ドメイン運営か、中古ドメイン運営かによって答えが違います

新規ドメインなら「wwwあり」か「wwwなし」のどちらか

新規サイトなら「wwwあり」か「wwwなし」のどちらかを選びます。

「統一しない」以外ならどっちでもよく、好みの問題です。

ちなみに日本人はwwwなしを好む傾向で、色んな解説サイトでも「なし」を選びましょうとなっていることが多いです。wwwなしを選ぶとURLが短くなるというメリットがあります。

中古ドメインなら、前の運営に合わせる

中古ドメインであれば、wwwの状態を前の運営状況と合わせると、前のドメイン評価を無駄なく引き継ぐことができます。

ちなみに海外の中古ドメインの場合は、だいたい「wwwあり」で運営されていることが多いです。これも文化なのでしょうか。この場合は前のURLの状態を確認する必要があるのでひと手間かかりますが、必ずやった方がいいです。

前の運営に合わせる方法はこちらも参考にしてみてください。

【大損注意】中古ドメインはwwwあり・なしを合わせて設定すべし!中古ドメインを使ってサイトを作るときに気をつけておきたいのが、 wwwありなのか、それともwwwなしなのか?という点です。 ...

 

シリウスのサイトURLのwww統一で生成される.htaccess

シリウスのサイトURLのwww統一でできる.htaccessファイルの記述をメモしておきます。

wwwなしで統一した場合の.htaccessファイルの中身

RewriteEngine Off
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.abc\.com)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://abc.com/$1 [R=301,L]

http://www.abc.com/をhttp://abc.com/に統一したいときの設定です。

wwwありで統一した場合の.htaccessファイルの中身

RewriteEngine Off
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(abc\.com)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://www.abc.com/$1 [R=301,L]

http://abc.com/をhttp://www.abc.com/に統一したいときの設定です。

要注意!合わせてhttps⇒httpへリダイレクトする設定も

ここまで見て、「ちょっと待って、これだとhttpsで来たアクセスは転送してしないよね?」と思った方はするどいですね!

中古ドメインを使う人は、httpで行くのか、httpsで行くのかも大事です。httpでいきたい人は、https⇒httpへリダイレクトする設定もしておいた方がベターです。特にミックスホスト、カラフルボックスの人は要注意。

ミックスホストがおせっかい!SSLさせない.htaccessの書き方メモ最近、サーバーのミックスホストを新しく契約したんですが、中古ドメインを使う人間にはありがた迷惑な機能を発見してしまいました。 それ...

こちら↑でも書いていますが、シリウスにはSSL化しないという設定がないからです

今はみんなSSL化しましょうね~っていうのが普通なので、SSL化をあえてしたくないなんて発想は一部のアフィリエイターやSEOマニア?の人ぐらいしか持ってないんですよ。

 

こういう「特別」な人は、シリウスのサイトURLのwww統一と合わせて、以下の設定↓をシリウスの.htaccess設定に入れておきましょう

サイトオプション⇒.htaccess設定から次のように書きます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} on
RewriteRule ^(.*)$ http://%{HTTP_HOST}/$1 [L,R=301]
</IfModule>

この設定は、SSL化をしたくないとき、どんなドメインでもこれ一つで使える便利な呪文なのでどこかにメモっておくと良いですよ。

<IfModule mod_rewrite.c>とかいう最初の行と最後の行は、この記述ができるかどうかの確認をしているようで、どっちか言ったらあった方がいいというくらいです。

 

シリウスの常時SSL化の統一はどれを選ぶ?

シリウスの常時SSL化の統一は「統一しない」、「常時SSL化する」、「常時SSL化する、さくらサーバー用」の3パターンですが、これも新規ドメイン運営か、中古ドメイン運営かによって答えが違います

新規ドメインなら「常時SSL化する」

新規サイトなら、常時SSL化を選びます。(さくらサーバーを使うならさくらの方を選んでおきます。)

まっさらな新しいドメインなので、どちらかと言ったらSSL化されている方がいいに決まってます。

「統一しない」を選んでしまうと、https、httpという2つのURLが存在する可能性が出てきます。

中古ドメインなら、前の運営に合わせる

中古ドメインであれば、前の運営状況と合わせると、前のドメイン評価を無駄なく引き継ぐことができます。wwwありなしのときと同じですね。

最近では中古ドメインでもSSL化されているものが出てきているので、中古だからといって全部wwwあり、SSL化なしということにもならないです。

 

シリウスの常時SSL化の統一で生成される.htaccess

シリウスの常時SSL化の統一でできる.htaccessファイルの記述です。

常時SSL化する× wwwなしで統一した場合の.htaccessファイルの中身

RewriteEngine Off
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.abc\.com)$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://abc.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://abc.com/$1 [R=301,L]

 

  • http://abc.com/
  • http://www.abc.com/
  • https://www.abc.com/

の3つが

https://abc.com/にリダイレクトされます。

常時SSL化する× wwwありで統一した場合の.htaccessファイルの中身

RewriteEngine Off
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(abc\.com)$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://www.abc.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.abc.com/$1 [R=301,L]

 

  • http://abc.com/
  • http://www.abc.com/
  • https://abc.com/

の3つが

https://www.abc.com/にリダイレクトされます。

 

まとめ

まとめると

  • 新規ドメインは「wwwあり」か「wwwなし」のどちらかを選ぶ
  • 新規ドメインは「常時SSL化する」を選ぶ
  • 中古ドメインは「wwwあり・なし」「SSL化する・しない」も前の運営URLに合わせる
  • シリウスでは「SSL化しない」設定がないので、SSL化しない人は.htaccess設定を別で書く

以上が、シリウスのサイトURLのwww統一、常時SSL化の統一の全てかなと思います。自分の備忘録にも使おうと思います。

サイト作成ならシリウス(7大特典付き)

売れる商品リストやキーワードリスト、テンプレートなど、「初心者のコレ欲しい」を特典として詰め込みました。

アフィリエイトサイト作成ソフト「シリウス(SIRIUS)」の当サイト限定購入特典はこちら。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です